不動産売却の理由で注意点は変わる?タイミングに気を付けよう

2022-12-29

不動産売却の理由で注意点は変わる?タイミングに気を付けよう

不動産売却にはひとそれぞれ理由がありますよね。
住み替えや離婚による売却や、相続した不動産を相続税の支払いのために売却するケースなど、不動産売却を検討している方は多いでしょう。
理由ごとに気を付けるべき注意点が変わるため、売却方法やタイミングをよく見極めていくことが大切です。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の理由が住み替えの場合の注意点はタイミング

住み替えでの不動産売却はタイミングが重要といえますが、どちらもメリット・デメリットがあるため注意しましょう。
不動産売却を優先し、後から住まいを決める売り先行は、ゆっくりと新しい家を探せるメリットです。
しかし、仮住まいを探したり引っ越し費用が二重にかかったりとデメリットがあります。
反対に新しい住まいを先に見つけてから不動産売却をする買い先行では、仮住まいを用意する必要がないため無駄な費用がかからないのがメリットです。
しかし、住宅ローンを利用する場合は不動産売却が長引いてしまうとローンが二重払いになってしまうデメリットが生じます。
不動産売却と購入のタイミングを合わせることで、メリットだけを享受できますが、なかなか難しいでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の理由が離婚の場合の注意点は財産分与をどうするか

離婚をすると、財産分与といって婚姻中に築いた財産は二人で均等にわけることになります。
共有財産には当然不動産も含まれますが、分割するのは難しいですよね。
どちらかが住み続けるとしても、名義やローンの残債をどうするか、出ていくほうへの財産はどうするかとトラブルになりがちです。
こうした場合は、不動産を売却し現金化したうえで均等にわける方法も検討しましょう。
現金で分割するほうが離婚後のトラブルは起きにくいといえます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の理由が相続の場合の注意点は相続登記

遺産として不動産を相続する場合、売却を考えているなら故人の名義のままでは売却できないため、相続人に登記を変更する相続登記が必要です。
相続登記自体には期限はないものの、不動産を売却して相続税を払おうと考えている場合は注意が必要です。
なぜなら、相続税は相続から10か月以内に納付するためその間に不動産を売却する必要がでてきます。
急ぎのあまり、条件の良くないまま売却を進めることのないよう、名義変更や売却の相談は早めに進めておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の理由ごとに気を付ける注意点はさまざまです。
最適なタイミングで売却できるよう、経験豊富な不動産会社に相談するのもひとつの方法です。
売却理由ごとの注意点や地域情報に詳しい不動産会社なら、相談内容に合わせてスムーズに売却をすすめてくれるでしょう。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ