不動産売却するときに使う査定とは?違いや依頼方法についてもご紹介

2022-06-26

不動産売却するときに使う査定とは?違いや依頼方法についてもご紹介

不動産を売るときに、売却価格がどれくらいかわかると気持ちも安心です。
不動産を売却するときに、売却価格の見積もりをすることを査定といいます。
今回は、査定を依頼するときに間違えやすい2つの査定の違いや依頼方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で使える査定の種類の違いとは?

売却価格を知りたいときに使える査定は「机上査定」と「訪問査定」があります。
ここでは、それぞれの違いについて解説します。

机上査定と訪問査定の違いとは?

机上査定と訪問査定は、目的に応じて使い分けるのがおすすめです。
机上査定は、現地の建物を見ないで登記事項証明書などを見て査定する方法です。
査定額が早めに出るため、不動産売却価格を知りたい場合や売却を悩んでいる場合に使いやすくなっています。
訪問査定は、現地の建物を見てより正確な査定をする方法です。
より正確な査定額が出るため、不動産を売却することを前提とした方におすすめの方法です。

自分で価格を調べる方法は?

不動産会社ではなく、自分で価格を知りたい場合には以下のサイトを参考にして調べてみてください。

  • 土地総合情報システムで過去の似た条件の不動産の取引を調べる
  • 公的な地価を調べ、土地の価格から推測する
  • レインズ・マーケット・インフォメーションを参照する

自分で調べる場合には、似ている不動産の価格を調べることや、周辺の利便性も調べることでおおよその価格が分かります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で査定を依頼するには?

不動産会社に査定を依頼するのは、電話やメールなどで簡単に連絡がつきます。
特に住み替えの際には、購入も売却も同じ不動産会社に依頼するとメリットが多くなります。
メリットは以下のとおりです。

  • 買い替えの際に買取保証を付けられる
  • ローンを完済せずとも売却が可能になる

買い替えには、売却と購入を同時進行しなければいけないため、不動産会社に頼むことでさまざまなサービスが受けられます。
査定を依頼する前には、以下の書類があるか確認しておくとスムーズにすすめられます。

  • 土地の実測図
  • 土地の境界が確認できる資料
  • 検査済証
  • 建物の設計図書
  • 建築確認申請書および建築確認済証

また、依頼する際の懸念点や知られたくないことなども配慮してくれるため、ぜひ不動産会社に伝えるといいでしょう。
弊社では、査定を無料でおこなっているため、検討されている方はお気軽に相談してみてください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却では、査定をすることでその後の不動産売却をスムーズにすすめられます。
迷っている方は弊社で査定依頼を出すのは無料なので、お気軽にご相談ください。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ