家の解体費用の相場とは?解体して売却する流れやデメリットを解説!

2022-09-13

家の解体費用の相場とは?解体して売却する流れやデメリットを解説!

家を解体して売却する際に気になるのは解体費用ではないでしょうか。
この記事では、家の解体費用や解体する際の流れやデメリットについて解説しています。
金沢市周辺で家の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用の相場とは?

家を売却する際の解体費用の相場を決める要因には、構造や立地条件、その他の費用が挙げられます。

構造

家が木造か鉄骨造、RC造かで解体費用が異なります。
一般的な相場では1坪あたり木造が4~6万円、鉄骨造が6~7万円、RC造が6~8万円程度とされておりますので、家を解体して売却する際は注意が必要です。

立地条件

家の立地条件によっても解体費の相場は異なります。
重機が入れないような狭い敷地なら人力で解体することになりますので、解体費用も割高になります。

その他の費用

古家ならアスベストを一般的に使用していた年代の家も多く、アスベストを除去するとなると解体費用の相場が上がりますので売却時は注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体費用の見積もりは?流れをご紹介

家を売却する解体費用の見積もりは、まずは解体業者に解体費用の依頼をします。
解体業者が家の状況や前面道路などの周辺環境を確認し解体費用の金額提示をしますので、解体費用が合意できる金額なら解体業者と契約し着手が可能です。
解体工事は以下のような流れで進みます。

解体準備

解体を始める前にまずはご近所への挨拶が必要です。
解体では騒音や振動が発生しますので、解体の工程などをご説明します。

解体工事

まずは足場で家を囲み、内部の解体、躯体の解体へ進んでいきます。
足場に防音シートを貼り、ご近所への騒音や粉塵を防ぐことが重要です。

廃材処理、整地

解体した廃材を適切に処分場で処分します。
最終的な流れは整地をして家の売却をおこないますが、家の売却に支障がないように残存物の確認をおこないましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売却する際の解体のデメリットとは?解体費用について

家を売却する際の解体のデメリットとして、税金や再建築不可、解体費用の上乗せができないという点が挙げられます。

デメリット①税金

解体すると固定資産税などの税金の優遇措置が受けられないです。
解体して更地にすると固定資産税が最大6倍まで上がり可能性があります。

デメリット②再建築不可

市街化調整区域であったり、接道義務が果たされてなかったりすると再建築不可になる恐れがあります。
解体前に土地について調べておくことが必要です。

デメリット③解体費用を上乗せできない

解体して更地にしたからといって、家の売却価格に解体費用を上乗せできるとは限りません。
多くは土地の価格で売却することになりますので注意しましょう。

解体したほうが良いケースとは?

すでに住めないような家なら購入後の買主の負担になるだけなので解体しておくべきです。
他にも傾斜地など立地が悪い家も解体費用が大きくなるため解体しておいたほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

家の売却にあたり解体を考えている方は、解体費用の相場や流れについて理解しておきましょう。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ