金沢市で不動産売却するには?地価動向や人口動態をご紹介

2022-06-14

金沢市で不動産売却するには?地価動向や人口動態をご紹介

金沢市で不動産売却をしたい方は、地価動向や人口動態を知っておく必要があります。
そこで、この記事では金沢市の現在の地価動向や人口動態をご紹介します。
相続や不動産売却の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で使える金沢市の地価動向は?

地価動向とは、その場所での地価の価格を公示したものです。
参考にすることで、どれくらいの値段で不動産売却できるか参考になります。
金沢市の令和3年度の地価は以下のとおりです。

  • 地価総平均 12万8,738/㎡ 
  • 坪単価42万5,583/坪
  • 変動率0.75%上昇

※上記の数字は金沢市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/ishikawa/kanazawa/
不動産を売るときには、以下に注意すると良いでしょう。

  • 年度末の1~3月がもっとも売れやすい
  • 大規模マンションと同時期に売らない
  • 建物の住み替え時期と同時期に売却する

不動産は、同時期に似たような新築物件が集まると売れにくくなります。
また、それ以外にも異動が多くなる4月の前には需要が高まるので不動産が売れやすい時期です
不動産の需要や動向に関するご相談も、金沢市であれば弊社がサポートしますので、お気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で使える金沢市の人口動態とは?

人口動態とは、一定期間でどれくらい人口が変化したのかを表すことです。
人口が増えているときは、住む家を探している方も多いので不動産が売れやすくなります。
金沢市の人口動態は以下のとおりです。

金沢市の総人口数

2020年:239,239人
2021年:238,742人
2022年:237,699人
総人口数はわずかではありますが、減少傾向にあります。

金沢市の世帯数

2020年:205,965人
2021年:207,525人
2022年:208,843人
金沢市の世帯数は増加傾向にあります。

金沢市の転入数

2019年:17,907人
2020年:16,616人
2021年:15,648人
転入数は減少傾向です。
人口・転入数は減少していますが、世帯数は増加しています。
世帯数が増加しているため、不動産の需要はあると言えます。
人口自体は減少傾向のため、買い手が少なくなる前に売却するのがいいとも言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

金沢市の地価価格と人口動態についてまとめました。
それぞれから考えると、現在金沢市は不動産売却するには良いタイミングと言えるでしょう。
不動産売却で心配なことがある場合は、弊社がサポートします。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ