不動産売却でおすすめのインスペクションとは?実施の目的と費用相場

2022-05-31

不動産売却でおすすめのインスペクションとは?実施の目的と費用相場

不動産売却で引き渡し後のトラブルリスクを減らすためには、インスペクションの実施がおすすめです。
インスペクションとは住宅診断のことで、住宅の状態や隠れた欠陥がないかを調べることができます。
今回は不動産売却をしたいとお考えの方に向けて、インスペクションとは何か、その目的と費用相場についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要になるインスペクションとは?

インスペクションとは、売却する住宅に欠陥や修繕すべき箇所がないかを専門家が調査・検査することです。
住宅診断とも呼ばれ、日本でも徐々に認知度が上がってきています。
インスペクションは法律で定められた基準に従って、調査がおこなわれます。
現在では、インスペクションの実施は義務ではありませんが、インスペクションに関する利用促進が義務付けられています。
そのため、不動産売却の重要事項説明において、インスペクションの実施有無とその結果が買主に伝えられます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要になるインスペクションの目的は?

不動産売却でインスペクションを実施する目的の一つは、契約不適合責任から売主を守ることです。
契約不適合責任とは、契約書の内容と合致していない場合に売主が負うべき責任のことです。
もし、住宅の欠陥に気がつかないまま売却してしまうと、買主から修繕や売却金額の値下げ、損害賠償を請求されます。
建物の状態をしっかり把握して、契約不適合責任に問われないためにも、積極的にインスペクションを実施しましょう。
インスペクションによって不具合が発覚した場合も、問題がある旨を契約書に記載し、買主が承諾していれば、売主に対して責任は問われません。
また、そのほかにもインスペクションの実施にはメリットがあり、物件の価値が高まれば、早期売却が可能になります。
中古住宅の場合は、住宅の状態がわからないことが買主にとっての不安材料になるので、インスペクションの実施は売却物件の価値を高めます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要になるインスペクションの費用は?

メリットの多いインスペクションですが、実施には費用がかかります。
インスペクションの費用相場は、一般的に5万円から7万円です。
床下や屋根裏などの調査はオプションになるので、別途追加料金がかかります。
そのため、マンションよりも一戸建てのほうが、実施費用が高額になりやすいでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は不動産売却をしたいとお考えの方に向けて、インスペクションとは何か、その目的と費用相場についてご紹介しました。
インスペクションを実施して住宅の状態を正しく把握することで、安心して売却することができます。
実施には費用がかかりますが、費用対効果が高いのでぜひ検討してみてください。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ