残置物がある不動産売却はどうする?撤去する方法とそのまま売る方法を解説!

2022-06-14

残置物がある不動産売却はどうする?撤去する方法とそのまま売る方法を解説!

相続などで得た不動産には、家具や生活用品がそのままであることも多いかと思います。
残った私物を残置物といいますが、残置物のある不動産売却はどうすれば良いのかが知りたいですよね。
この記事では、残置物の概要と、金沢市で残置物がある不動産を売る方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をするときに知っておきたい「残置物」とは?

「残置物」とは家具・家電・生活用品・ゴミなど不動産に残っている動産です。
残置物は、通常は売主側が撤去します。
残置物がある場合、残置物の処分方法を契約時に決めないと、勝手に処分した場合にはトラブルにも発展するので注意が必要です。
また、残置物でトラブルが起こりやすいのは、エアコンなどの付帯設備です。
買主側と相談して処分する範囲を決めてから撤去しましょう。
エアコンなどの付帯設備は、引き渡し後に故障することも考えられるため、「付帯設備表」を作成し、状態を正しく伝える必要があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に残置物を残したまま不動産を売る方法

まずは、残置物を撤去してから売る方法です。
一般ゴミや粗大ゴミは市町村のゴミ収集日を利用したり、リサイクルセンターへ持ち込んだりして撤去します。
買取ができるものは、リサイクルショップで買い取ってもらうのがおすすめです。
テレビ・冷蔵庫・洗濯機・パソコン・エアコンなどは、リサイクル法対象の家電のため、指定取引先や購入した家電量販店にて処分してもらうことが必要です。
そのうち、「PCリサイクルマーク」が表示されているパソコンはパソコンメーカーが無償で回収してくれますので、確認してみてください。
しかし、高齢であることや、売却する不動産が遠方で、ご自身で撤去することが困難なこともあります。
この場合は、残置物撤去専門会社に相談しましょう。
撤去費用がかかりますが、手間はかからないのがメリットです。
次に、特約で残置物の所有権も買主側に移転する旨を記載して個人の買主に売る方法と、不動産会社に買い取ってもらう方法があります。
実際には、個人間の売買のケースはあまりなく、不動産会社へ買い取ってもらうケースが一般的です。
どちらのケースでも、残置物を撤去する費用を含んだ売却金額の交渉となります。
残置物撤去専門会社に撤去を依頼する費用を考えると、不動産会社や買主側にすべて依頼できるので、手間いらずと言えます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

通常、不動産売却時に残置物がある場合は、売主側で撤去します。
撤去は自身でおこなうか、残置物撤去専門会社に依頼することも可能です。
また、不動産会社に買取してもらう場合は、残置物を残したまま売却できる可能性があるのでおすすめです。
残置物がある不動産の売却には、実績と信頼のある不動産会社に相談しましょう。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ