不動産の買取とは?買取と仲介はどっちのほうが良い?

2022-06-21

不動産の買取とは?買取と仲介はどっちのほうが良い?

この記事のハイライト
●買取とは、不動産会社が買主となって不動産売却する方法のこと
●買取による不動産売却では、早期売却や契約不適合責任が免責になるなどのメリットがある
●買取と仲介でどっちにするか迷ったときは、希望する売却のタイミングや査定価格により検討するのがおすすめ

不動産を売却する方法には、仲介と買取の2種類があるのをご存じでしょうか。
売りたい物件の条件によっては、買取が向いている場合があります。
そこで、買取とはどのような仕組みなのか、仲介と買取のどっちにするか迷ったときの選び方とともにご紹介します。
金沢市で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する際の仲介と買取の違いとは?

不動産売却する際の仲介と買取の違いとは?

不動産を売却する方法では、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。
仲介とは、不動産会社と媒介契約を締結し、売却活動を通して買主を募る方法のことです。
売却価格は周辺の相場価格に近くなることが多く、実際の価格は買主との交渉によって決まります。
そして売買契約が成立すれば、不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払います。

買取とは?

買取とは、不動産会社が買主となり、不動産を直接買い取る方法のことです。
不動産会社は、買い取った物件をリフォームなどによって価値を高めたうえで、再販売することを目的としています。
そのため、仲介による売却価格と比べ、リフォームなどにかかる費用の分だけ買取価格は安くなる傾向にあります。
しかし仲介による売却は、必ずしも高値で取引できるケースばかりではありません。
買主が見つからず売却活動が長期化すれば、固定資産税などの維持コストがかさんでしまいます。
そのため、買主が見つかりにくい物件の場合は、多少安くなったとしても買取を利用したほうが良い場合もあるでしょう。
買取には、次の2種類の方法があります。
即時買取
即時買取とは、不動産会社が直ちに買い取る方法のことです。
早ければ数日、長くても1か月程度で売却が完了します。
現地調査は訪問査定の1回で済むことも多く、購入希望者による内覧対応の必要もありません。
また、引き渡しのタイミングも、不動産会社と交渉したうえで決めることができます。
そのため、速やかに不動産売却したい方や、新居へ引っ越すスケジュールが決まっている方におすすめの方法です。
買取保証
買取保証とは、仲介と即時買取を組み合わせた売却方法のことです。
まずは一定期間、仲介によって個人の買主を募集します。
そして当初定めた期間内に買主が見つからなかったときは、不動産会社に買い取ってもらう方法のことです。
仲介であれば相場価格で売却できる可能性が高まる一方、買主が見つからないリスクもあります。
しかし買取保証と組み合わせれば、仲介期間(一般的には3か月)が過ぎた時点で不動産会社が買い取ります。
また、買取保証による売却なら、仲介手数料も発生しません。
そのため、なるべく良い条件で売却したいものの、売却活動にあまり時間をかけられないときにおすすめの方法です。

この記事も読まれています|相続した不動産の売却方法は?売却までの流れや注意点についてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で買取を利用するメリットとは?

不動産売却で買取を利用するメリットとは?

買取のメリットは、早期売却が可能な点です。
買取価格に納得すればすぐに売買契約が成立するため、早ければ数日で不動産を現金化できます。
たとえば、急な転勤などで引っ越し期限が迫っているときでも、買取であれば速やかな不動産売却が可能です。
このほか買取には、次のようなメリットがあります。

近所に知られずに売却できる

仲介による不動産売却では、インターネットなどで広く宣伝活動をおこないます。
また、中古物件を購入する方はすでに近隣に住んでいるケースが多く、ポスティングチラシによる宣伝をおこなうこともあります。
そのため、近所に売却活動中であることを知られやすく、内緒で売りたい方には不向きな方法です。
しかし、買取ならこのような宣伝活動は一切おこなわれないため、近所に知られずに売却したい方におすすめです。

契約不適合責任が免除となる

不動産売買では、売主は契約不適合責任を負うと定められています。
契約不適合責任とは、契約内容と異なる物件を売却したとき、売主は債務不履行の責任を負わなければならないとしたものです。
そこで、不動産売却にあたり売主は買主に対して、物件の状態を正しく告知することを義務付けられています。
もし契約書に記載されていない不具合や欠陥(雨漏りやシロアリ被害など)が判明すると、売主は修繕対応をする必要があります。
場合によっては、契約解除に応じなければならないこともあるでしょう。
しかし買取では、買主は業者なので契約不適合責任は免除されます。
たとえば、壁紙の破損など物件に何らかの問題があっても、それを踏まえた買取価格になっているため、修繕にかかる費用を負担する必要もありません。

買取のデメリット

買取を利用する場合、気を付けるべきデメリットもあります。
売却価格が安くなる
買取のデメリットは、仲介による売却よりも売却価格が安くなりやすい点です。
相場より2割~3割程度安くなることが多いので、少しでも高く売却したい場合は注意してください。
しかし、駅近の不動産など高い需要が見込まれる物件であれば、相場に近い価格での買取となるケースもあります。
なお、不動産会社に価格査定を依頼すれば、買取価格を調べることが可能です。
そこで仲介による売り出し価格と比較しながら、買取を利用するかどうかを決めると良いでしょう。
買取に対応していない不動産会社もある
不動産会社のなかには、買取に対応していない業者もあります。
そのため、仲介と迷っている方や、買取保証をご希望の場合は、買取に対応している不動産会社に相談すると良いでしょう。
また、物件の条件によっては買取できないこともあるため、注意してください。

この記事も読まれています|相続した不動産の売却方法は?売却までの流れや注意点についてご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取と仲介でどっちか迷ったときの選び方とは?

不動産の買取と仲介でどっちか迷ったときの選び方とは?

買取と仲介で、どっちにするかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで、買取と仲介で迷ったらどっちにするべきか、パターン別に選び方をご紹介します。

買取がおすすめの方

以下に当てはまるケースでは、買取がおすすめです。

  • 売却活動にあまり時間をかけたくない
  • 修繕やハウスクリーニングなどの手間を省きたい
  • 仲介では買主が見つかりにくい物件

買取であれば、売却活動が不要です。
内覧の対応をする必要もないため、不特定多数の購入希望者との接触を避けられるメリットもあります。
また、不動産会社が買主になる場合、現状渡しでの売却になることが多いでしょう。
そのため多少の汚損があっても、修繕やハウスクリーニングをする必要はありません。
このほか、築古の物件のように、仲介での売却が難しい物件にも向いている方法です。
もし売却活動に多少の時間をかけられるなら、買取保証を活用するのもおすすめです。

仲介がおすすめの方

以下に当てはまるケースでは、仲介がおすすめです。

  • 売却活動に時間がかかっても、相場に近い価格で売却したい
  • 駅近や築浅など条件の良い物件

仲介による売却では、買主との交渉により価格が決定します。
そのため相場での成約となり、買取よりも高値で売れる可能性が高まります。
たとえば、ローンの残債がある物件など、少しでも高値で売却したい場合は仲介がおすすめです。
また、駅近や築浅など条件に恵まれた物件は購入希望者が多いため、仲介でもスピーディーな売却も可能でしょう。

この記事も読まれています|相続した不動産の売却方法は?売却までの流れや注意点についてご紹介

まとめ

買取とはどのような仕組みなのか、不動産売却時のメリット・デメリットをご紹介しました。
買取なら、売却活動に時間がかけられない方でもすぐに不動産を現金化できます。
買取と仲介のどっちにするのか迷ったときは、不動産会社に相談するのがおすすめです。
私たち「富商不動産」は、金沢市で不動産売却のご相談を承っております。
買取が可能かどうかについても、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ