不動産のリースバックと、起きやすいトラブルや対策について

2022-11-18

不動産のリースバックと、起きやすいトラブルや対策について

急な資金需要から、手持ちの不動産を現金化したいと思われる方もいるのではないでしょうか?
そのような場合の対策の一つとして、リースバックについて、メリットと注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

リースバックに取り組む際の注意点やトラブルについて

リースバックとは、現在所有している不動産を売却し、売却先からリースすることで、当該不動産を使い続けることができる仕組みです。
不動産売却でまとまった現金を手にでき、入居者は退居せず、ひきつづき入居し続けられます。
ただ、そうしたメリットの一方で、注意点もあります。
リースバック時の不動産の買取価格は、通常よりも割り引いて設定され、周辺相場よりも低くなる傾向があります。
また、リース後の買い戻しを考える入居者も多いですが、買戻価格は、通常は買取価格を上回る価格(買取価格の1.1~1.3倍程度)が設定され、多額の資金が必要となります。
また、賃貸期間も、住宅なら契約期間は2年間以内となるケースも多く、契約形態によっては退居しなければなりません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックで良く起こるトラブル事例

リースバックは比較的新しい仕組みであり、売り手・買い手とも取り組みの経験が少ないことから、しばしばトラブルも起こっているようです。
たとえば、入居者の承諾なく、当初設定された家賃の水準を勝手に引き上げられた、また、勝手に不動産を売却された、など。
不動産の買い戻し価格が法外に高く設定され、実質的に買い戻せない事例もあるようです。
また、賃貸借契約が、定期建物賃貸借契約であった場合、更改しない限り、期間満了時に退居を求められてしまいます。
そのほか、リースバック契約を締結していることを相続人が知らず、急に退居を求められる、などの事例もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックで良く起こるトラブルを回避する対策

こうしたトラブルを回避するための対策としては、同様の取り組み実績があり、信頼できる会社を相手方に選ぶとともに、相手方によく契約条件を確認するようにしましょう。
また、家賃水準や賃貸期間、買戻に関する条項などの重要事項は、口約束だけでなく、合意した事項を契約書やその特約欄に付記するなど、書面で残しておくことが大事です。
くわえて、契約プロセスをすべて相手方に任せるのでなく、自分で成約事例を調べるなど周辺相場を知り、当該不動産の適正価格を知ることがトラブル回避の対策となります。
家賃についても同様に、周辺の同様の物件から相場を把握し、不当に高い家賃を設定されないように気を付けましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

保有不動産をすぐ現金化できるリースバックは便利な仕組みである一方、トラブルも多く発生しがちです。
契約締結前に自分で売買や賃貸の適正価格をある程度把握するとともに、合意内容を必ず書面化しておきましょう。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ