不動産の売却でお悩みの方へ!売却の流れと必要な準備とは?

2022-09-20

不動産の売却でお悩みの方へ!売却の流れと必要な準備とは?

不動産の売却は、人生において何回も経験することではありません。
いざ、売却をしようと考えたときに、何から手を付けるべきなのか悩む方も多いと思います。
ここでは不動産の売却でお悩みの方に向けて、売却するときの契約の種類と売却の流れ、また不動産を売却するときにおこなう売却活動についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の不安を解消!売却の流れと媒介契約の種類とは?

不動産の売却を決めたら、売却活動を依頼するために、一般的にはまず、不動産会社へ相談することになります。
相談後は売却する不動産の査定・売却価格の設定などをおこない契約を結びます。
このとき不動産会社と結ぶ契約を媒介契約といい、3種類の契約方法から選ぶことができます。
専属専任媒介契約とは

  • 1社としか契約しないため、積極的に売却活動をおこなってもらいやすい
  • 指定登録機構への登録義務が5営業日以内である
  • 不動産会社から売主へ2週間に1回以上の販売状況の報告義務がある
  • 売主で購入希望者を見つけることができる

一般媒介契約

  • 複数の不動産会社へ売却活動を依頼できるため、積極的な売却活動は望めない可能性がある
  • 指定登録機構への登録義務がない
  • 売主で購入希望者を見つけることができる

このように媒介契約の種類によって、義務付けられていることが異なります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却の流れに沿って準備しておいたほうが良い書類とは?

不動産の売却で必要な書類などはその都度不動産会社から教えてもらえますが、次の書類の準備をしておくとスムーズに取引をおこなうことができます。

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 物件の図面

とくに売買契約書は、譲渡所得の計算をおこなうために必要となるので、必ず準備しておくようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却を成功させる売却活動と成約までの流れとは?

不動産の売却を成功させるために、不動産会社の売却活動は必要不可欠です。
売却活動には、指定登録機構への登録やチラシによる売却活動のほか、ホームページへの掲載、SNSを利用した売却活動があります。
また、オープンハウスなどの内覧をおこなうことで購入希望者にアピールすることができます。
内覧をおこなう場合、購入希望者に良い印象を与えるためにも、なるべく室内を良い状態に保つようにしておいたほうが良いでしょう。
このような売却活動を経て、購入希望者が決まれば売買契約を交わし、無事不動産の売却が成立します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産の売却をおこなう媒介契約には3種類あり、売却を急ぐ場合は専任媒介契約がおすすめです。
また、売却を成功させるには、必要な書類を揃えたり売却活動をおこなうことも大切です。
私たち「富商不動産」は、金沢市を中心に不動産の売却をおこなっております。
お客様のより良い暮らしのためのご提案をいたしますので、不動産に関するお悩みがあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

076-247-6364

営業時間
9:00~18:00
定休日
夏季休暇・年末年始

売却査定

お問い合わせ